おしらせ

ギター365日完走をさせまいとする謎の力に苦労してます(笑)

[座学04]長調と短調1

これまでのあらすじ
[座学01]コードとは
[座学02]音名と音階と度1
[座学03]音名と音階と度2

大不人気シリーズ[座学]ですが、さっそく最終回!(笑)

わかっているようで文字にすると意外と書けませんね、
人様に説明するほどの理解がないんでしょうね、どうせ私はアソビだったんでしょうね!

まあギターはアソビだけど、、

ごめーん、もっと賢くなってから出直すよ、、
その代わり今回頑張る

前回また勝手に「長調」とか「短調」って使ってしまったのでその説明です

よく「長調は明るい感じ」「短調は暗いかんじ」で分類されるけど、厳密にはそういったことはなくて、長調でも切なくなったり、短調でもスタイリッシュになったり、、あくまで感じ方の違いらしい

でも、感じた印象で「この曲はこっちだ!あの曲はこっちだ!」って判断するのも大事なので、心の「明るいフォルダ」に入れるか「暗いフォルダ」に入れるかは自由にしていい思うんだけど、
どうなんでしょうね?

もっと高等な音楽を学ぶときにそのフォルダーが邪魔になるのかな

で、なんで「明るい感じ」とか「暗い感じ」に感じ方が変わっちゃうのかというと、
前に音階とか度数とかちょっと出てきたけど、音と音の間隔の違いで雰囲気が変わるんだって、
不思議!

例えばピアノの鍵盤でみると、C(ド)とD(レ)の間には黒い鍵盤でC#(ド#)って半音の音が1個挟まってるけど、E(ミ)とF(ファ)の間にはなにもない!

図にすると

こんな感じで並んでます

ギターのほうがわかりやすいかもなので、おなじCDEFGAB(ドレミファソラシ)を
ギターの指板で表すとこうなる

ギターだと、上のピアノでいう黒い鍵盤の部分が丁度1フレットあいてるかんじ、
EとFは間になにもないので隣同士くっついてる

ピアノとギターを対応させてみる

こんなかんじで、見た目はちがうけど音と音の間隔の関係は同じです

そして、ここからが本編、CとDの間みたいにギターで1マスあいてる音の間隔を「全音」
EとFみたいに間にスキマがない音の間隔を全音の半分ってことで「半音」っていいます



今、例に出したハ長調=Cメジャースケール「CDEFGABC(ドレミファソラシド)」をそれぞれ
「全音か半音か」をまとめると

CとDの間=全音
DとEの間=全音
EとFの間=半音
FとGの間=全音
GとAの間=全音
AとBの間=全音
BとCの間=半音

ってことになります、これはハ長調(Cメジャー)じゃなくて、ニ長調(Dメジャー)でも、
何でも長調(メジャースケール)なら、かならずこの間隔で音が並びます

長調の音階の間隔

全音-全音-半音-全音-全音-全音-半音

長い!

「全-全-半-全-全-全-半」

この音の間隔が明るいイメージを生む音階です

長調といったら「全-全-半-全-全-全-半」


ためしに、この間隔を別の音から始めてみましょう、、じゃあC(ド)のつぎのD(レ)にしてみる
ギターの指板のほうがイメージしやすいのでまず指板上のCメジャースケールを

●に置き換える(図の大きさ変わっちまった、、ごめん)



このまんま、C→C#→Dなので2フレットずらす


●をそのフレットの音に直したらDメジャースケールの完成!


こんな感じで音の間隔が一定なので長調はもう何が来てもへっちゃらさ

CメジャーからDメジャーに変更した手順まとめ


とりあえず、長調はみんな同じ法則で音がならんでますぜって所で今回は休憩!
どう着陸させるかわけわからなくなってきた(笑)

次回短調もしらべて、並び方を比べて、暗くなる、悲しくなるポイントを探そうかと

6 件のコメント :

  1. 全全半…ですねー♪
    メジャースケールをどんどこ横にスライドして弾く
    指練習してるので、これは常に意識してます
    で、転調って、伴奏でもピアノなんかは、「む、むずっ!」なのがギターでは横スライドでできるから、「便利な楽器だぁー」
    と思ったり。
    頭と体で覚えたことが、いつかピタッと合わさり
    「わかったぞー!」となるまでがんばりたいですねー(^O^)/

    返信削除
    返信
    1. こんな胡散臭い解説にコメントありがとうございます!

      ギターは音の並びを視覚的に理解しやすいですよね!
      鍵盤の方たちは一生懸命練習してきてもスタジオで「わり、キー半音下げて」って言われたらションボリですもんね

      ギターはその辺柔軟ですよね、、でも私、開放弦が絡むフレーズは転調できません(笑)すごい考えちゃう

      あたまでっかちなもんんでホント申し訳ない、弾けてナンボです

      削除
  2. こーゆーの少しずつわかってくると、
    ギターの指板が恐ろしく便利なことに
    気付きますね(*´∀`)
    長調、短調ときたら次は7th!?
    楽しみに待ってます!!

    返信削除
    返信
    1. 自分の学習ノートを晒してるようなもんなのに、ありがとうございます
      ギターは弦が長けりゃ低い音、短けりゃ高い音ってイメージしやすいし、むしろ小学校とかでいいんじゃないかって思います

      まあちびっこタチはメンテしないのでペグいじくりまくり、弦切りまくりで授業にならないでしょうけど(笑)

      削除
  3. このあたりまではわかってるはずなんだけど、
    人に説明しようと思うとできない...
    やっぱりちゃんとは理解できてないってことかー。
    なるべくわかりやすくお次もお願いします(^.^)

    返信削除
    返信
    1. わたし、国語もダメでして、脱線しまくりですみません
      あまりの不出来さで次回の短調でいったん店じまいしようかと思ってました

      でも、思ったより見ていただけているようでして、、なるべく分かりやすく頑張ってみます

      あと、ブログリンクさせてください!

      削除

月別アーカイブ

ありがとうございました!今回の記事はいかがでしたか?ランキングに参加してます
おもしろかったらぜひ1票おねがいします
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村