おしらせ

ギター365日完走をさせまいとする謎の力に苦労してます(笑)

おらの、ギター演奏動画のやり方2:本気撮り(ビデオ・デジカメ)

演奏動画の作り方2:本気撮り(なるべくいいデジタルカメラとかビデオカメラ)

IPhoneとIRigを使ったお手軽編はこちらです

先日は↑のガセ情報まがいの記事ですみませんでした、中途半端なので
ちゃんと出来る方もさっさとアップさせていだきます

やっぱりちゃんと「MIC入力あるビデオやデジカメで撮る」のが王道なんですね

あ、いや、本気編といいましても、その、あの我が家で一番いい録画環境ってだけでして、
あのー、別に照明さんとか、音声さんが居るわけじゃなく、普通の演奏動画の撮り方だと思います

Youtubeなんかの「○○弾いてみた」や「○○演奏してみた」などの演奏動画をやってる
凄いプレーヤーさんたちは、映像と音源を別々に撮ったものをPCで合成されている方も多いですね、そっちのほうが何回か撮ったもののうちOKテイクを採用できるし作品の完成度は高そうです

私の場合はOKテイクが無い上に、PCでの加工が必要すぎて、ギター練習どころじゃないので
まだ先の話だと思います、PCも未だにXPだしね!orz

えー私のかろうじて最後まで弾けるショボイレパートリーの演奏を、ほんと申し訳ないのですが
youtubeに晒すときに、使うセッティングを紹介させていただければ恭悦至極にございます

しかも、前回のIPhoneとIRigをつかったお手軽バージョンと大して違わないので、がっかりされるかと思いますが、片方を紹介してしまった以上もう一つの演奏動画撮影方法も
乗せたいと思いますのでよろしくお願いいたします

※でもステレオ録音で、ちょと画質・音質ともにいいです、この動画はこのセッティングでとりました

■必要な機材・道具


間違い探し~

えっと前回の記事と違うのは、右下のゴツイやつと、IRigのかわりに細いAVケーブルが
一個入ってます

デジカメ:子供の運動会用一眼カメラ、動画が撮れるやつです、これビデオカメラでもOKです、液晶が180度まわるやつがギター構えたとき液晶がこっち向いてセッティングしやすいのでオススメ

ギター本体:あんまりブログで出番ないんでまたピグノーズ(名前:ポカブ)です

ZoomG2.1nu:エフェクターです、あとZoomG2.1nuはUSBでPCの音楽再生を乗せられます

シールド:1本、ギターケーブルです(画像は2本ありますが、細いAVケーブルをつかうので)

ステレオケーブル:1本カメラのマイク端子(MIC)に差します。カメラによっては「抵抗入り」ってやつにしないと入力の音がでかすぎて割れます

※抵抗入りケーブル→ケーブルに抵抗が入っていて、音の大きさを1/10くらいに小さくするケーブル、普段ははなんの役に立つかわからない謎のケーブル

ステレオジャック分岐:画像真ん中下のちっさいプラグです、一個のケーブルの穴を二個にしてくれる優れものです
ステレオ分岐ジャック例、色んな形があると思います


ヘッドホン:ギターやカラオケの音を聞きます、自分のプレイに酔えるやつを

USBケーブル:PCとZoomG2.1nuをつなぎます、PCから電源も取れるしPCで再生した音楽をIphoneに送れます(スロー再生とかループ再生が捗る)、なくてもOK


■それぞれを接続する



青いケーブルはギターから来てます、OUTUTには先ほどのステレオ分岐ジャックを差して
1つのアウトプットを2つに分けます(ヘッドホンとデジカメに同じ音を送るため)



こんな感じで片方にはヘッドホン/イヤホンをさして、もう片方の穴にはステレオケーブルを差します(繋ぐカメラによっては「抵抗入り」ってケーブルにしないと音が割れます)

そしてステレオケーブルのほうはカメラのマイク端子に繋ぎますが、カメラのマイク端子(MIC)は
照れ屋なのか普段は隠れてます、横とか後ろの開きそうなフタがあったら開けてみてください


うちのカメラにはここにマイク端子(MIC)があります

あ、あとUSBケーブルわすれてた、、前回も書いてなかった!


USBはここに差して、PCとつなげると、PCの音がそのままヘッドホンやカメラに流れるので、youtube再生やスロー再生や曲中の区間リピート再生に合わせてで練習するときに捗りますよ

あとはカメラを三脚などで固定するなりして、精神統一したあと撮影開始です!

最後にもう一度!
ステレオケーブルですがわたしのカメラは普通のステレオケーブルで問題無かったですが、
カメラの種類によっては普通のステレオケーブルだと音がでかすぎて音が割れる場合があります
その場合は「抵抗入り」っていうステレオケーブルにするとすごい音が小さくなります

2014年3月9日
けっこう検索された方がいるみたいなのでまだ下手くっそなんですが、サンプルとしてこの方式でとった動画を張っておきます

ちょうど参加させていただいてるサークルの課題曲でいま特訓中のやつです
初っぱなから音外してますが、サンプルということで勘弁してくださいorz


※パソコン(PC)でZoomG2.1nuを認識しない場合

「デバイスマネージャー」→「サウンド、ビデオおよびゲーム コントローラー」でサウンドカードを無効にしたら認識しました(うちはRealtekなんたらっていうサウンドドライバでした)
認識しなくてもPCからの音楽再生カメラ&録音はできます



15 件のコメント :

  1. なるほど、分岐アダプター!
    これはナイスですね。
    参考にさせていただきます(^O^)

    iPhone録画を1年続けましたが、
    それは教本フレーズのチョイupでしたので
    マジupの時は俺もカメラ使おうっと!

    返信削除
    返信
    1. おお、分岐案はお役にたてそうですね

      マジUP用とはいえ、この方法は一発撮りの方法なので
      ミスすると毎回振り出しスタートです(笑)
      緊張感との戦いになります

      よcゆきさん向けといえば向きだけどw

      削除
  2. よcゆきさんに同じく!
    分岐アダプターは良いですね!
    私はビデオにline入力して
    そのビデオからヘッドフォン出力だったので
    撮れてる音と聴いてる音の音量が
    全然違ったり、音色も変化したりしてました・・・

    エフェクターからパラ接続にすれば
    少しはまともに聴こえそうな気が!
    あ、腕前じゃなくて音の事ですけどね www

    返信削除
    返信
    1. 分岐案!
      なんか二連続でお褒めいただいたので、役立つと思い
      本文に拡大写真追加しました

      これはむかーし買ったモノでウォークマンを2人で聞いたりする用でもってました

      ビデオ経由のモニタだとやっぱ遅延とか劣化はしそうですよね

      削除
  3. ああーっ、途中から、わかんなくなりましたー(^^ゞ
    なんせ、機械に弱いです。
    なので、私の動画は、いつもハンディレコーダの
    一発撮り。生音ジャンジャン入ってます
    Maggyoさんのやりかたは音が良いのですね♪
    配慮があって素晴らしいです~

    返信削除
    返信
    1. いえいえ、いいんですいいんです、今回ギターあんまり関係ないです

      おもに家電の配線好きの男子の会話です、
      テレビとDVDを簡単につなげちゃう男性ってなんだか~のアレです

      MIKIさんのDAWつかってレコーディングしてるほうが凄いんです、
      あこがれます

      うちの場合はハンディレコーダだと、子供たちの暴れる声、母親の叱責の声が飛び交っておりますのでギターの演奏どころじゃなくて、、

      削除
  4. すごいわかりやすかったです。
    参考にさせていただきます!
    ありがとうございました!

    返信削除
    返信
    1. わざわざ、コメントしていただいてありがとうございます!!!
      少しでもお役に立てたようでうれしいです

      また、いい方法がありましたら記事にしてみます

      削除
  5. こんにちわ。

    このほうほうとてもいいなと思い試してみました!
    僕もZoomG2.1nuをつかっているのですが・・・
    あんまり歪ませずに撮ってみると、音が小さく感じます。
    逆に歪ませすぎるとギーギーノイズ?がうるさくて・・・

    いい案ありませんですかね?(・3・)

    それと、マイク撮りとライン撮りの違いはなんですか?
    長文すみません!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      カメラ側のマイクの感度がいろいろあるみたいでして、ZoomG2.1nuの音量が同じでも、カメラの種類によって録音される音量がバラバラのようです、、個人期にはノイズはいるよりは小さい音のほうがいいとおもいます

      私は好きなギターの音ができたら、何度も短いテスト録画をしてエフェクターのマスターボリュームだけ変更しながらカメラに入る音量がそこそこ納得できるまで確かめながら調節してます

      あと
      マイク撮りってのはギターの音をアンプからだして、その音をマイクで録音する方法です
      ライン撮りってのはライン(ケーブル・シールド)を直接録音機に指して録音する方法です

      マイク撮りだとアンプの音、空気感を含めた録音になりますが、自分の足音やお母さんの「ごはんよー」って声も録音されます(笑)

      一長一短だとおもいます

      削除
  6. こんにちは。
    これいい方法だなって思ったんですけど、手持ちのデジカメにはマイク端子が付いていませんでした(´・ω・`)
    とりあえず、irig使った方法で試してみようかなって思います。

    返信削除
    返信
    1. わざわざコメント申し訳ありません!!
      デジカメ側にマイクないとさすがに音声おくれないですね・・

      iRigのほうは、os7からカメラアプリで録画中はiphone(iRig)からギターの音声ならない仕様になってしまったので(録音・録画はされてる)何度か録画された音量を確認して調節してから、エフェクターのほうにヘッドホンつないで録音してください

      削除
    2. なるほど。出力を分配して試してみます

      削除
  7. 分岐アダプターを使うことでヘッドフォンから聞こえる音が小さくなったりしませんか?

    返信削除
    返信
    1. ほったらかしブログでっすいません!

      たしかし少し小さくなると思いますが、ボリュームで調節できるレベルで
      特に録音やモニタリングに不便は感じませんでしたよ~

      ただ、すごい高音質なレベルが必要な場合や、分岐アダプタの種類によっては劣化具合が違うと思いますのであまり胸を張っておすすめできないのが申し訳ないです

      削除

月別アーカイブ

ありがとうございました!今回の記事はいかがでしたか?ランキングに参加してます
おもしろかったらぜひ1票おねがいします
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村